--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-01

★新着情報★

皆様再び今晩和。小間物屋横丁『またたび屋』の花菱です。

大変お待たせいたしました。天然石を使用した一点物のハンドメイドアクセサリー、
新商品をUPいたしました!皆様ぜひご覧ください⇒こちらからどうぞ♡

今回は大きな丸玉パワーストーンを用いたレザーチョーカー、そしてブレスレットの計6点をUP致しました^^
中でもお勧めは、
◆大珠マラカイトのレザーチョーカー◆¥2300
マラカイトのレザーチョーカー
天然石ならでは、ですが、所々に若干母岩の残りがみられます。
孔雀の眼と呼ばれる模様ははっきりとしていて、魔除け・厄除け、ヒーリングにぴったりの一品です。
石留はかご状になっており、2cmの球であれば色々と入れ替えて楽しむことができます☆

そして、
●桜と青空のブレスレット●¥2800もおすすめです。
●桜と青空のブレスレット●
春~夏にかけての季節にぴったりの、明るい色彩でブレスレットを作ってみました。
やわらかな桜色のモルガナイト、青空を思わせる美しいブルーのアマゾナイト、落ち着きを出す為のユナカイトの3種類の石が彩り鮮やかです。
ジャラジャラした動きを出す為に、素材は全てワイヤーワークでつないだ力作(?)です。

※今回WEBにのせた新商品6点は、同等に良質の石が入手困難のため、再制作の予定はございません。あらかじめご了承ください。


皆様ぜひごゆっくりご覧になってみてください^^*
小間物屋横丁『またたび屋』 花菱
スポンサーサイト

theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2009-04-01

◆桜咲く季節◆

皆様様お久しぶりです。小間物屋横丁『またたび屋』店主の花菱です。
三寒四温の今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

三月は本職の方に忙殺されて商品の更新もせずに誠に申し訳ありませんでした^^;
仕事の方もやっと一段落ついて参りましたので、今度こそ色々新商品をUPして行こうと思います。

さて、東京近郊ではソメイヨシノもようやく五分七分咲き、と言ったところでしょうか。
枝垂れや八重は満開を迎えている所もあるようですが・・・。
お彼岸中に、お仏花として桜の入った束を店頭に並べた所、すぐに売り切れてしまいました。
日本人は本当に桜が好きですね。
私個人としては、桜より早い時期に咲く椿の花が大好きなのですが。

それではこれから新商品のUP作業に入ろうと思います。
ハンドメイドアクセサリー、天然石のお好きな方はぜひ覗いてみてください☆*”


★お勧め品★
◎淡水パールの華ピアス◎
値下げしました⇒¥2200



★淡水パールの華ピアス★

小間物屋横丁『またたび屋』 花菱 拝

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

2008-12-24

★ブレスレット類を値下げしました★

ブレスレット類を数点、値下げいたしました。
皆様、是非ご覧ください。大変お買い得です☆*゛

◆大樹のブレスレット◆

天然石×シリコンゴムブレスレットは500円引き(写真の『大樹ブレスレット』\2800\2300)
⇒『天然石アクセサリー』へ

★HEMP×ターコイズのブレスレット★

天然石×HEMPブレスレットは200円引き(写真の『ターコイズのブレスレット』¥1200¥1000)
⇒『HEMPアクセサリー』へ

◆ジャノメ柄とんぼ玉のブレスレット◆

とんぼ玉とスネークボーンのレザーブレスレットは200円引き(写真のブレスレットは¥1000\800
⇒『レザーアクセサリー』へ

どうぞお越しくださいませ^^*
小間物屋横丁『またたび屋』 店主・花菱
2008-12-22

第638回「花」

★花菱、トラックバックにチャレンジです★

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!
今日のテーマは、1文字シリーズ第3弾で「花」です。

水谷は、『意外!』と言われるのですが、花が好きです。
花言葉とか、結構、気にしたりします。

最近、知ったのですが、誕生花というものもあるらしいですね。
水谷の、誕生花は『イヌサフラン』で、花言葉は『悔いなき青春』だそうです。

もうすぐ、クリスマスなので、街でポインセチア...
第638回「花」


**********************************************************************

花は、跡形もなくなるから美しいんだよ、とある人が言った。
そう言ったのは、あたしが働いている花屋の店長だ。
あたしも、プレゼントに何か貰うなら花がいい。
生花の束を受け取った瞬間のにおいと鮮やかさ、その時の感情は一生記憶に残る。

花束を貰ったら、ラップ紙を外して花瓶に生けて、
毎日花瓶の水を替えて、少しずつ茎を切ってやって
やがて一本一本、弱い花から草臥れてしまうのだけれど
だんだん小さく短くなっていく花束の最後の1本まで活けて
そしてしおれた最後の1本を捨てて、花瓶を洗う。

散った花を葬る事も、毎日少しずつ花が失われていく事も、まるで、生命の縮図だ。
あたしはそれを愛おしく思う。そう想える『花』という存在は、
無言のままあたしに色々な事を教えてくれる。

**********************************************************************
◆小間物屋横丁『またたび屋』◆店主 花菱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。